FC2ブログ

耳にとどけよ




好きなひとは、どうしてますか。





あの物語から、17年。





月島シズクは32歳、小説家志望の


ただのアルバイトとして、いそがしい毎日をすごしていた。







天沢セイジは、自分のバイオリンの工房を開き、


毎日、バイオリン職人として


バイオリンの製作に没頭していた。



「一人前のバイオリン職人になったら

俺と結婚してくれ。」




彼の言葉は現実になるのだろうか。






シズクが足しげくかよっていた地球屋は、


店主の老人、西シロウが亡くなった

5年前に店を閉め、


あそこに飾られていた、猫の人形。


シズクのお気に入り、バロンは

シロウの遺言にしたがい、シズクのものとなっていた。





シズクを地球屋にぐうぜんみちびいた、


猫のムーンも、いつしかすがたを


みせなくなっていた。


が、彼にそっくりなふとった白猫が


近所でよくみかけられていた。




シズクは、その白猫をサンとよんでいた。







シズクの親友の原田ユウコは、その後


野球部の杉村とつきあうことになり


ふたりが就職して4年目の秋にゴールイン。



現在は、ふたごの姉妹と、弟の3人の


子持ちである。







シズクの姉、シホは、大学を卒業後、


大手出版社に勤務。だが、主な仕事は


コピー機の番人であった。




そんなシホには彼氏がいたが、


3年前に結婚。だが、子供は、まだいない。









シズクは、今日も、近所のコンビニのレジをしている。





そこへ、杉村が弁当を買いに来た。



「よお、シズク、弁当あっためてくれや。」



「杉村、あんた、コンビニ弁当ばっかで


ユウコは、なにやってんのよ。」




「あいつはあいつなりに、がんばってんだ。


弁当がつくれないくらい、おおめにみてやるさ。」




「ふーん。あんたたち、いがいとうまくいってんのね。」




「シズクのほうこそ、おれたち、もう32だぜ。


セイジのやつ、なにかんがえてんだよ。


いつまでもシズクをほっといて。」




「彼は、彼なりにがんばってんだ。


おおめにみてやるさ。


はい、弁当あたたまりました。


530円になります。」



「ほい。じゃあ、またな。」





シズクは、コンビニの店員も板についていた。




コンビニの勤務を終えると、その足で



図書館へ行く。





そこで、本を物色していると


声がかかった。




「おい、シズク。待たせたな。」


天沢セイジであった。



「ううん。わたしも、いまきたとこ。」




ふたりは、図書館をでると、そのまま


ちかくの本屋へ。





シズクは、小説の新刊をいろいろとチェックしている。


セイジは、楽器の専門書を立ち読みしていた。





「俺、これ買うよ。シズクもなんか一冊、


買ってやるから。」




「いつもいつもじゃ、わるいよ。」



「いいんだ。俺、そんなに金に困ってないからさ。」



「まるで、わたしがお金に困ってるみたいじゃない。」



「いや、そういうつもりで言ったんじゃないよ。


いいから、一冊、えらびな。」



「じゃあ、これ」






ふたりは、本を購入すると




夜の街を歩いていく。



セイジはポケットに手をつっこんだ。





そこへ、モンスターのようにふとった


白猫が道を横切る。






「あ、サンだ!」




ふとった白猫が、こちらをちらっとみた。





「あいつ、最近、よくみかけるなぁ。」



「ねえ、セイジ。こんどの児童文学賞、


最後の応募にしようと思うの。」



「え、じゃあ、来年はどうすんの?」





「だから、わたし………。」




「あ、あぁぁ。じゃあ、シズク、俺と


結婚してくれ。」




「ええええ。いまプロポーズする?


しかも、わたしが催促したみたいになってるし。」




「えーっと、じゃあ、どうすればいいんだよ。」



「もう!知らないよ。そんなこと!」




シズクはそのまま、団地の階段を走ってのぼっていった。




ここの4階にシズクの両親と住んでいる。




「シズク!この本どうすんだよ!」




セイジは購入した本の紙袋を


持ち上げてみせた。









今夜は闇夜をてらす、満月の夜だった。












朝の光がさしてきた。








「俺が一人前のバイオリン職人に


なったら、結婚してくれ、シズク!」




「うん。わかった!」







…………………




あー、またこの夢だ。



わたし、あのときが人生のピークだったな。




目が覚めたが、まだ暗かった。







シズクはおきあがると机に向かった。



なにやら書いている。








”猫の恩返し”



原稿用紙のタイトルにはこうあった。





やがて、朝日がのぼると、



シズクは、朝食のしたくをはじめた。





味噌汁ができあがったころ、母親と父親が


キッチンにやってきた。




「シズク。そろそろ、お前も、どうするか


決めないと。」




「わかってる!わかってるよ!」




「なにがわかってるんだ。


お前、来年、もう33だぞ!」




「だから、わかってるって!」




シズクはそれ以上は、なにも言わず、


味噌汁をついだ。




母親は、ご飯をよそっている。




玉子焼きに、塩鮭、きゅうりのお新香が


朝ご飯だ。




「今夜、お姉ちゃんたちくるから、


みんなで久しぶりに食べに行きましょ。」



母が言った。






シズクの気持ちは晴れない。








それとは反対に、今日も晴れだった。









コンビニのバイトは、平日、5日間はいっていた。


いわゆる主力メンバーである。





「弁当、あっためてくれや。」



「杉村、あんたも毎日あきないねー。」



「お前こそ、毎日、朝からいるじゃん。」



「はい、あたたまりました。


うな重弁当、890円です。」



「ほい。じゃあ、またな。」




あいつ、なんかいいことでもあったの?



890円もする弁当買うなんて、珍しいわね。






コンビニの勤務は、それなりにいそがしかった。





昼休憩で、セイジに連絡をいれる。




”今日、お姉ちゃんたち来るから、図書館は

やめとく。”




”シズク、昨日はゴメン。謝るよ。”



”謝るってなによ。”



”だから、その…”





”とにかく今日は、お姉ちゃんたちと


ご飯行くから。”



”ああ、わかった。”




セイジはスマホを置くと、


つくりかけのバイオリンを


やすりで磨き始めた。





夕闇がせまるころ、シズクは


家路についた。




自分の部屋にもどると、


猫の人形、バロンに話かける。




「あなたの相方、いまごろ

どこでどうしてるのかしらね?」



バロンは黙して語らない。




姉のシホとその旦那のコウジがたずねてきた。




「シズクー。ご飯食べに行くわよー。」




シズクは着替えると、出かけた。





街中のファミリーレストラン。




家族で食事をしている。



姉のシホは、おしゃべりだ。




「シズク。あんた、いつまでも


フラフラしてないで。セイジ君とはどうなってるの?」



「ちゃんとしてるから!」



「ちゃんとしてるって、どうなってるのよ?」



「だから、だいじょうぶだから!」



「どう、だいじょうぶなのよ?」




「こんどの、児童文学賞の応募で


最後にするから!」



「え、じゃあ、セイジ君と、身をかためる


決心がついたの?」



「う、うん。まぁ。………」




「そうか。それはよかったな。」



父親のセイヤがビールに口をつけながら言った。




シズクは、まだ心が晴れなかった。





帰りがら、ファミレスのレジでパンフレットを


物色していたシズクがはっと気づいた。




このパンフの写真、バロンの相方だ!



そこには、猫の貴婦人の人形が


写っていた。




「すみません、この写真の猫。…」



「ああ、これね………。


ドイツのソーセージを輸入販売する


フェアのお知らせですが……」



「で、この猫は……」



「ああ、現地の古物屋でみつけてね。


撮影させてもらったんです。


たしか、ミュンヘンの郊外の店で……」





シズクは、その一週間後、


ドイツのミュンヘンにいた。




セイジもいっしょだった。










「あった!この店だ!」


ふたりは古物屋へはいっていく。





大きな本棚があり、古い本が


並んでいた。



その横に、大きな机があり、


いろいろな雑貨が置かれていた。




猫の人形はなかった。




「もう、売れちゃったの?」



「まってろ。いま、きいてやる。」



セイジが店員にドイツ語でたずねた。





「シズク。ついてるな。」



「え。じゃあ!?。」




「猫の貴婦人は、


ここのおばあさんのお気に入りの品だったそうだ。


もう、そのおばあさんは亡くなられて、猫の人形は


奥にしまってあるが、売りに出すそうだ。」




店員が、奥から猫の貴婦人をつれてきた。







「バロンの嫁も見つかったし。


俺たちも結婚しとく?」




「えええぇ。うん!」






セイジとシズクは笑顔で手をとりあった。

















「なんでもない毎日が


じつは、しあわせな毎日。なのかもね。」



ユウコが、ふたごの姉妹と弟に


チョコレートを買ってやっていた。








シズクは今日もコンビニのアルバイトだ。












おしまい。
























セイジがコンビニにシズクをたずねてきた。



「シズク、この本。ずっとあずかってた。」



セイジのもってきた本のタイトルは…………。




















作者あとがき


あの有名アニメーション映画の二次創作小説です。


なんか、いまいちなできあがりなので、

あとで、書き足すか、書きかえるかするかも。





さて、ここで問題です。


セイジが最後、エピローグでもってきた本のタイトルは?







スポンサーサイト



竹取物語外伝





竹取物語、かぐや姫の物語では



かぐや姫は、月から来たことになっていますが



彼女は、いったい、何者なのでしょうか?












月の地下深く深くに、隠されて建設された地下都市。



そこでは、なにもかもがB.B.という人工知能


によって徹底的に管理されていた。






若者たちは働くことを強制され、



結婚の相手まで自由ではなかった。





ある男がひとりの娘に恋をした。



しかし、B.B.は、彼と娘の結婚を


遺伝子要素から判断し、認めなかった。






男と娘は、ひそかに愛を交わしあい、


娘は赤子を授かった。




娘は、両親にも、友人にも、そのことを打ち明けられず、


とうとう、ひとりで赤子を産んだ。




産まれた赤子はただちにB.B.によって発見され、


排除されることとなった。




赤子の命を救うため、男と娘は月の地下都市を脱出し、



地球へと逃れるため、宇宙船を強奪した。





宇宙船はB.B.の送り込んだ攻撃機によって


執拗に攻撃され、とうとう大破して地球の引力につかまった。





大気圏を航行するのには、とても大きな重力がかかり


そのため、大破していた宇宙船は機体がもたない。




赤子だけは助けたいと、小型艇に乗せ、脱出させたのだった。





竹林のなかで、おじいさんは


小型艇を光る竹と間違えた。





彼女は、かぐやと名付けられた。







遺伝子的に優れていなかったかぐやは、


それでも美しく成長した。




彼女は、自分の生まれが他の子たちと


ちがっていたことに気づく。




そのころB.B.は、あの時の赤子が


地球で、無事に成人していたことをつきとめた。




B.B.は、かぐやを謀反人の子どもとして


月に、強制連行したのだった。





かぐや姫は、月に帰っていった。




月の地下には、とてもとても立派な地下都市があって


人々は、幸せでも、幸せでなくても


日々の、大事、小事を望むと望まなくとも生きている。







彼女、かぐやは、そんな星の生まれだったのだ。
















うれしい知らせと かなしい知らせ





うれしい知らせと


かなしい知らせがあるのだが。








かなしい知らせから、きこうか。







きみの妻が亡くなった。





そうか。では、うれしい知らせは?






おなかの赤ん坊が無事産まれた。






そうか。知らせてくれてありがとう。






ってこういうとき、すぐには出ないんだな。








おれは亡くなった妻の言葉を思い出し、




産まれた子供に名前をつけた。





妻の望んだ名前は歩(あゆむ)だった。




オレは実歩(みほ)と名付けた。







実(みのる)は妻の名前だ。





実歩は妻の死など知らずにいるのか



おだやかな笑みをたたえてねむっていた。




その顔をみていたら、




実歩がいるなら


妻の死も乗り越えられるんじゃないかと思えた。





安心したとたん、がこぼれた。







実の前ではみせたことのなかった





実歩には、もう見られてしまったな。





窓の外には満が明け方の空に



白く輝いていた。








おわり。




もちろん創作のショートショートだよ。


実話じゃないよ。安心して。

Shooter




オレは、イカサマ シューター。




あるシューティングゲームの攻略に


毎日、やっきになっている。





学校帰りにゲームセンターに通う日々。



ハイスコアネームの1位は、いつもあいつだった。


ARASHI......................1st



なぞの男、アラシに勝つには


何かが足りなかった。



その答えを求めて、オレは今日も


ゲームセンターへ。




集中、集中。



ダメだ。ハイスコアは、またアイツだ。




ゲームセンターを出るころ、日は暮れて


あたりは真っ暗だった。




夜の闇に、満を見上げた。





すると、突然、


目の前が、クラクラっと光った。



なんと地平線スレスレに流れ星が


真昼間の太陽のような明るさで


落ちて行ったのだ。





ん?!これは?!




次の日、ハイスコアネームの1位には


オレの名前が刻まれていた。



IKASAMA..................1st




やったぜ!!オレの流星撃ちが決まったのだ!





流星撃ち。


................後に、


名古屋撃ちと呼ばれるその技は


地平線スレスレに来たインベーダーを


撃ち落としていくという、なんとも不思議な技だった。


......................................、とさ。







これ、聴いてみて。

家入レオ 「Shooter」








『スペースインベーダー』(Space Invaders)とは、株式会社タイトーが1978年(昭和53年)に発売したアーケードゲーム。これを初めとする同社の後継製品、他社製の類似商品・模倣品を総称してインベーダーゲームと呼ぶ。

スペースは宇宙、インベーダーは侵略者を意味する英語で、侵略してくる宇宙人(インベーダー)を迎撃するシューティングゲームである(「開発」を参照)。画面上方から迫り来るインベーダー(敵キャラクター)を移動砲台の自機で撃ち、全滅させることを目的とする。時々上に敵母艦のUFOが出現し、これを撃ち落とすとボーナス点を獲得できる。「敵キャラクターが攻撃を仕掛けてくるゲーム」としては、世界で初めて大ヒットしたゲームである。

出典..........Wikipediaより




竹取恋愛物語ANOTHER


ANOTHER MOON MIRROR

     






ボクは宇宙飛行士になりたいんだ。












だから、そのためにしなくちゃいけないことが






さしあたってふたつある。






毎日、歯をみがく。





虫歯治療歴のあるモノは宇宙飛行士にはなれない。










それと、どんなことがあってもタバコを吸わない。







喫煙習慣のあるものは宇宙飛行士にはなれないのだ。








それが、もしも、





恋をしてはならない。だったら、






だれも宇宙飛行士にはなれないだろう。





恋もしないような、ロースペックなやつには



宇宙飛行士になる資格などない。とオレは思うからだ。







ロースペックって何かって?





ハイスペックの逆。超低能なやつってことだよ。






さて、歯をみがくとするか。





カガミの前でいつものことを考える。





もちろん、あのこのことだ。




うーん。おれの顔は非常にできがワルい……。



カガミをみるたびに思う。





顔のできのいいやつがうらやましい。





と、親友のタケルの顔が思い浮かぶ。





もし、タケルと同じ人が好きになってしまったら………。






オレにかなうわけがない。その時はタケルにゆずるか……。




タケル、いいやつだしな………。







そして、また、コトミの顔が浮かんだ。




うーん。コトミのことが好きだなオレは。








コトミはよくオレに話しかけてくるが。




タケルのこともチラチラ見るし。




どっちが好きなんだろーな。








さて、寝る前に、大塚愛のCDで金魚花火でも聴くか。



………………♪♬。



名曲だな。






好きなこと花火でも見れたら最高なのにな……。




まだ、時間があるな。






KAGUYAのホームページでも見るか………。





なになに?



KAGUYAが面に制御落下?











おお、ついに面に!!





そういや、かぐや姫って誰とくっついたっけ?






あれ?誰とも結婚せずにへかえったっけか。






なんだ。恋をしないでも宇宙へいけるじゃんか。








などと考えつつ眠りについた。










翌朝。






今日も朝飯は、ごはんに目玉焼き、ししゃもと味噌汁だ。





母さん、ワンパターン。






まあ、つくってくれるだけマシか。








さて、いってきまーす。








って、あれ?



父さん、ライター落として、そのまま忘れてるぞ。




と、なにげなくひろって、ポケットにライターをつっこんだ。





と、歩きだしてを見上げると





朝がたのだ。







んー。まるでコトミのようにキレイだ。






そんなことを思いつつ学校へ向かった。











その時のオレはこのあと、




あんなことがあるとは思いもせずにいたんだ。














Continued TO KAGUYA ONE STORY ..........................

第21回全国サムホール公募展のお知らせ



第21回全国サムホール展のお知らせです。


御来場の皆様の審査投票で

受賞作が決まります。


オークション方式で

作品の販売もいたします。

額付きで数千円から。



入場無料
2018年715日(日)~721日(土)

東京交通会館B1 ゴールドサロン【有楽町】
東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL. 03-3215-7933


投票とオークションの期間
715日(日)
13:30~18:00

716日(祝)~18日(水)
11:00~18:00


結果発表
719日(木)・20日(金)
11:00~18:00

7月21日(土) 最終日
11:00~14:00


主催 全国サムホール公募展協会
http://www.kinbi.jp/samu.html
〒162-0814
東京都新宿区新小川町 6-27-1101
TEL. 090-8286-3517


サムホールとは

22.7㎝×15.8㎝

約ハガキ2枚程度の大きさの

画のことです。



私も”いしかわゆきひろ”という雅号で

応募する予定です。



気に入ったがあったら

オークションで購入できるし

いい機会に画に

ふれてみてはいかがでしょうか?




今のところ私は会場には行かないで


は業者に搬入してもらうつもりです。



作品のタイトルは「月光」

作者名は「いしかわ ゆきひろ」

で出品する予定です。
関連記事

レオは歌った


ボクはレオ。



ジャングルの王者、パンジャの息子だよ。



双子のお姉さん、リョーナは


いつもボクの匂いを嗅ぐよ。何で?




ボクもリョーナの匂いを嗅いだけど匂わないよ?何で?




お母さんは、お姉さんの匂いが好きになっちゃっても


結婚しちゃダメだから、何にも匂わないんだって。





じゃあ、お母さんの匂いは?


何にも匂わないよ。


だから、


お母さんのことも好きになっちゃダメなのかな?








それで、ボクはハリネズミが大好物なんだ。



美味しいから、食べられないように


トゲで体を守ってるんだって


ココが言ってた。



ココはオウムなんだけど、とっても物知りなんだ。



ボクが悪い人間たちから逃げる時に


一緒にジャングルに逃げてきて

それから、ずっと一緒にいるよ。




ココの恋人は白いメスのオウムで


名前はラミ。


いっつもインパラのトミーの背中に


二人で停まってる。





ラミとココの結婚式をするために


光石が必要なんだ。




だから、ボクたちはいつもの三人組で


冒険に出かけた。




光石は高い高い山の頂にあるらしい。


 
ボクたちは、どんどん山を登っていった。




やがて、辺りは雪景色にかわり、


どんどん雪がふってきた。



そしてトミーの心配したとおり


ボクたちは遭難してしまったんだ。



ココが言うには、冬山で遭難したら

眠ってはいけない。眠ってしまったら

体が冷たくなって、そのまま死んでしまうゾ。って



ボクたちは眠ってしまわないように

大声でうことにしたんだ。



それはお母さんがってくれた


”アイの” この星に昔から伝わる

古い愛のだよ。




私は想う

あなたの美しさを

あなたの清らかさを

あなたの瞳を

あなたの心を

あなたへの想いを私は

あなたへの想いは 光となり

永遠にこの星を巡る




あなたへの想いは

つぼみとなり

花となり

実となり

種となり

永遠に年を巡る

あなたの幸せを私は願う


あなたは 花 となり

私は 種 となる

つぼみが 生まれ


また 実となろう


この星の片隅から真ん中まで


花で 満たそう

花で 満たそう




ボクたちが歌っていると


近くの洞窟の中から、巨大な何かが


のそのそと出てきた。




ココが叫んだ。




ドラゴンだ!伝説の巨竜だ!




そのドラゴンは心の声で呼びかけてきたんだ。




「お前の歌声には、ワシらを勇気づける力があるようだ。


寒さで凍えていたワシも元気がでたゾ。


この、お礼になにが欲しい?


世界の半分か?それとも光石か?」



と言って、なんと光石をくれたんだ!







ドラゴン光石をもらうなんて


長生きはするもんだ!


ってココは言ってたよ。






その後、雪はやんで、ボクたちは


無事に帰れたのさ。



そして

ココとラミの結婚式は


ボクたちみんなで祝ったんだ。



ボクのパパとママにも来てほしかったなぁ。




あ、ドラゴンの名前。訊くの忘れちゃってた。



他にもドラゴンいるのかな?





世界の半分、欲しかったなぁ………。















おしまい。







レオの歌で元気づけられたのは


ドラゴンだけじゃないよね?


みんなはどうだった?


ボクは元気でたよ。     




あと、世界の半分は



もらわないほうがいいよw


苦労するからねw




お話を考えたのは


いしかわ ゆきひろでした。


以上。





関連記事

4・5・6

最近、スーファミにハマッている。






スーファミでの FINAL FANTASY は




4,5,6の三作。







FF4はスーファミになって初めての作品で




暗黒騎士の主人公と竜騎士のおさななじみと




白魔導師のヒロインたちとクリスタルを巡る




戦いを描いたもので




途中から出てくる悪の親玉ゴルベーザは




主人公セシルの××××だったりします。





巨大な宇宙船が登場して




行ってしまったりします。






主人公のパーティに色々な仲間が




入ったり出たりして、最終的には




聖騎士、忍者、竜騎士、白魔導師、召喚士の




5人パーティになります。



忍者と侍はWizardryの頃から



私の好きなジョブなのですが




FF4では侍は出てきません。




最終パーティの



忍者や竜騎士、聖騎士らを



レベル99まで育てたりしました。








FF5では主人公たちのジョブはコマンド画面で




変えることができます。




風、水、火、土のクリスタルからチカラを




授かって、歴戦の勇者たちのジョブにチェンジ



できるようになるという設定でした。




ジョブは全部で22種類あって




ナイト、モンク、シーフ、竜騎士、忍者、侍、



バーサーカー、狩人、魔法剣士、白魔導師、



黒魔導師、時魔導師、召喚士、青魔導師、赤魔導師、



獣使い、薬師、風水士、吟遊詩人、踊り子、



ものまね士、すっぴん 以上です。




私の好きな忍者と侍がちゃんと入ってますね。





侍は銭投げという技をおぼえるのですが、




これはパーティの財産のギルを投げて



敵にダメージを与えるという、とんでもない技です。





投げたギルは失われてしまいます。




レベルが上がって武器や防具や魔法、アイテムなど




そろえてしまったら、お金の使い道がなくなる。




そこで銭投げなのです。






この銭投げの元ネタが、昔、放送されていた時代劇、





「銭形平次」だということを知っている人は




けっこうな年齢いってるでしょう。






FF5は、今、また初めからプレイして




第二世界へ行きました。



シヴァをとり忘れてセーブポイントを



もどったりしながら、モーグリの森に



たどりつく直前です。




モーグリはFF5で初登場なんです。



では、チョコボが初めて登場したのは



どの作品からでしょうか?






FF6では、またキャラクター毎にジョブが固定されますが、




主人公級のキャラが14人という群像劇スタイルです。




私が初めてプレイした時は、11人しか仲間にできなくて



攻略本を見て、こいつも仲間になるのか。と



驚かされました。




ドラクエのように親切なゲームでは、




こんなことありえないですよね。





FFでは、不条理な謎や設定がたまにありますね。



でも、そこが逆にそそられる部分でもあるのですが。






では、答え合わせ




チョコボの初登場はFF2でした。




ちなみに、私はFF2は未プレイです。



今夜は スーパーファミコンの 


FINAL FANTASY について語ってみました。




では、おやすみなさい。




追記2014・5・24


ここでモーグリはFF5で初登場と


書いてしまいましたが


モーグリはFF3に出てますね……


FF3プレイしてたら出てきてた。


FF4には出てないですよね?
関連記事

カテゴリ

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

一部有料で閲覧できる ページを つくりました。 有料でみられる 絵画作品と 他に小説の短編です。 引き続き 無料で見られる ページも たくさんあります。

絵画作品

全記事表示リンク

絵画作品人気投票

ブログ人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3341位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数


現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブログ記事内で使われている言葉を検索できます。 ”著作権”で検索すると絵画作品の載っているページが検索結果として表示されます。 ”絵”や”絵画”で検索するとそれ以外の絵の載っていないページがたくさん表示されて不便です。

最新記事

耳にとどけよ May 21, 2020
おかんの好きなポケモン May 08, 2020
むだに生きる May 03, 2020
絵描きのエカク 第五回 Apr 29, 2020
絵描きのエカク 第四回 Apr 20, 2020

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード