FC2ブログ

トランプゲーム「大富豪」ルール

 トランプゲーム大富豪のルールを公開します。


 トランプ一組で、3~8人くらいで遊べます。

 おすすめの人数は 4~6人くらいです。

 ジョーカーと「八切り」の追加ルールを

 使った方が面白いと思います。


 


 「大富豪」または「大貧民」または「ド貧民」 


プレイ人数3~8人くらい



 ① まず、よくまぜたカードを人数分

   プレーヤー全員に配ります。

 ② カードには強さがあり、

   強さには順位があります。

   
  ※ カードの強さ

   ”2”のカードが最強です。

   以下、強い順に

   ”A”、”K”、”Q”、”J”、”10”、”9”、

   ”8”、”7”、”6”、”5”、”4”ときて、

   ”3”が最も弱いカードです。

   (おぼえてください。

    ”2”と”A”が一番目と二番目に強くて

    それ以外は数字が大きいほど強いです。

    いがいと簡単でしょ。)

 ③ 一人一回ずつ順番に

   場にカードを前のカードの

   上に重ねて出していきます。

   この時、捨て山の一番上のカードより

   強い順位のカードしか出せません。

   (捨て山の一番上のカードと同じ強さの

    カードは出せません。)

   最初にカードを出す人は、

   自分の好きなカードを出せます。

   ゲーム開始時に誰が最初に出すかは

   みんなで好きなように決めてください。

   ジャンケンとか、カード運の弱い人から

   出すとかが一般的でしょう。


   (丸く円をえがくように座って

    みんなの中心にカードの捨て山を

    つくるとプレイしやすいはずです。)

 ④ 最初にカードを出す人は

   同じ数字のカードなら

   何枚でも同時に出せます。

   (”A”、”K”、”Q”、”J”も

    数字ではないですが

    同じカードなら同時に出せます。)

   1枚か、2枚か、3枚か、4枚出すかのうちの

   どれかになるはずです。

   4枚出した場合は「革命」となります。

   (「革命」の解説は⑥でしてます。)

 ⑤ 二番目以降にカードを出す人は

   一番はじめに出した人と

   同じ枚数でしか出せません。

   もちろん、2枚以上同時に出す場合は

   数字がそろっていなければなりません。

   ”A”、”K”、”Q”、”J”も同様です。

   (カードを2枚以上同時に出す時は

    完全に重ねるのではなく、

    出すカード全部の数字が見えるように

    出すとみんながわかりやすいでしょう。)


   出せるカードがない場合は「パス」と宣言して

   カードが出せないまま、その人は順番を

   次の人にまわします。

   出せるカードがあったとしても

   出したくない時は「パス」してかまいません。


 ⑥ 誰かが同じ数字のカードを

   4枚同時に出した場合、「革命」がおこります。

   「革命」がおきると、カードの強さが

   逆転します。

   つまり、”3”が最強で”2”が最も弱くなります。


  ※ 「革命」がおきている時のカードの強さ

   ”3”が最強で強い順に

   ”4”、”5”、”6”、”7”、”8”、”9”、

   ”10”、”J”、”Q"、”K”、”A”、ときて

   ”2”が最も弱くなってしまいます。

   (混乱してしまい、出すカードがわからなくなって

    しまう人がいると思うので

    わかる人が教えてあげてください。)


   「革命」中に「革命」をおこすこともできます。

   「革命返し」といって、

   カードの強さがもとにもどります。

 ⑦ 出せるカードがない時や、

   出せるカードがあっても

   出したくない時は「パス」と宣言して

   次の人に順番をまわします。

   全員に順番がまわった後は、また最初の人に

   順番がもどります。

   カードを出せる人がいるかぎり続けます。

   (一度パスしても再度、順番がまわってきたら、

    カードを出す権利を得ます。

    もちろん、またパスすることも可。)


 ⑧ 最強のカードが出た場合と、

   全員がパスした場合、

   その場が「流れ(ながれ)」ます。

   その場合、最後にカードを出した人が

   次からの場で最初に出す人となり、

   その人の好きなカードを好きな枚数で

   出してふたたび同じ手順をくりかえします。


   (「流れ」たカードは横にどけておくと

    プレイしやすいでしょう。

  
    パスを上手に使う人は強いです。

    勝負のかけひきを楽しみましょう。)

 
 ⑨ カードを順番に出していき、

   「パス」や「流れ」をくりかえしていくなかで

   手札を全部出してカードがなくなった人から

   順番に勝ちぬけです。

   (手札を全部出せた人は「アガリ」を宣言した

    ほうがよいでしょう。)

 ⑩ 勝った人から順番に

   「大富豪」「富豪」「平民」「貧民」「大貧民」

   となります。5人以上いる時は「平民」を

   ふやしてください。

   次のプレイでは「大富豪」か「大貧民」の人が

   一番最初で出していくというように決めておけば

   すぐに次のプレイがはじめられるでしょう。

   並び順どうりに席をかえてみても面白いかもしれません。




 ここまでが「大富豪」の基本ルールなのですが、

 実は、もっと大富豪がおもしろくなるルールがあるんです。

 基本が出来るようになった人たちは、

 追加のルールで遊んでみてください。


 選択性なので話し合いなどで

 ルールを使うか使わないか決めてください。

 
 使うのも使わないのも自由ですが

 追加ルール①と②は、機会があったら

 ぜひ取り入れてほしいです。

 遊びの幅が広がります。


 選択追加ルール①

 ジョーカーを使う。

 ジョーカーを入れた場合、ジョーカーは最強の札としても

 使えますし、他の数字と組み合わせても使えます。

 「革命」中でもジョーカーだけは強さがかわらず、

 つねに最強の強さとします。

 例1、場に”2”が出ている場合でも”ジョーカー”なら

    その上に出せます。

    「革命」中に”3”が出ている場合でも

    ”ジョーカー”なら勝てます。

 例2、場に”A”の2枚組みが出ている場合、

    通常なら”2”と”2”なら出せますが
    
    ”2”と”ジョーカー”の組み合わせも出せます。

    ”ジョーカー”を2枚入れている場合は、

    ”ジョーカー”と”ジョーカー”でもかまいません。

    ”ジョーカー”と”ジョーカー”なら、

    ”2”と”2”にも勝てます。


 選択追加ルール②

 「八切り」

 数字の”8”のカードが出た時点で、

 場が「流れ」になるルール。

 ”8”のカードをきった人が次の場の

 最初のカードを出せる。

 場が2枚組みや3枚組みの時は、

 もちろん、”8”も2枚組みや

 3枚組みで出さなければならない。

 場に”8”より強いカードが出ている時は、

 やはり、”8”は出せません。

 3~7が出てる間にしか”8”は出せません。

 ”9”以上の強いカードに ”8”は勝てません。

 (”8”がちょっとした切り札になります。

  カード運がない人にもチャンスができます。

  このルールでは、”8”を持っている人は早めに

  仕掛けるのがコツ。)



 選択追加ルールは、まだあります。

 選択追加ルール③や④を採用すると

 ゲームが難しくなると思います。

 
 本格的に遊びたい人は採用してみてください。


 選択追加ルール③

 「階段」

 手持ちのカードにマークが同じで

 数字が隣同士で続いている組み合わせの

 カードが3枚以上ある場合、

 捨て山が1枚ずつでも、

 そのマークが同じで数字の続いている

 カードを全部、一度に出せます。

 ただし、その時、続き数字の一番小さい

 数がその捨て場の一番上のカードに

 勝っていなくてはなりません。


 「階段」が出た場合、次の人は

 一段以上、数字の段階が

 上の階段でなければ

 出せませんが、前の人とマークが

 同じである必要はありません。

 
 捨て山が2枚組みや3枚組み、または

 4枚組みの時は、「階段」は

 出せません。


 ”J"は”11”、”Q”は”12”、”K”は”13”

 とみなします。

 ”A”は”1”か”14”どちらにもなります。

 ”ジョーカー”は”0”~”15”の

 どの数字のかわりにもなります。


 例1、場に”4”が出ている場合

    手持ちに”ハートの5”、”ハートの6”、”ハートの7”の

    3枚があったら、「階段」と宣言して

    その3枚を一度に出せます。

    それに勝つには”6”以上ではじまる

    「階段」でなければなりません。

    マークはハートでなくてもかまいません。

    
    直前の人と同じ高さの「階段」は出せません。


 例2、場に”ダイヤのJ”、”ダイヤのQ”、”ダイヤのK"の

    「階段」が出ている場合、

    ”スペードのK”、”スペードのA”、”ジョーカー”の

    「階段」で勝つことが出来ます。

    同じ場合で”クラブのQ”、”クラブのK”、”クラブのA"の

    「階段」でも勝てます。

    同じ場合で”クラブのJ"、”クラブのQ”、”クラブのK”の

    「階段」では勝つことができません。 


 (「階段」はかなり強力です。運が良くないと

   出せない技ですが、「階段」を使えば

   ほぼ「流れ」るので、次に好きなカードが

   出せます。ねらえる時はぜひ使っていきましょう。)

 
 選択追加ルール④

 カード交換をとりいれたルール。

 2回目以降のプレイ開始時に「大富豪」は「大貧民」の

 手持ちのカードから最も強いカード2枚をもらい、

 かわりにいらないと思うカードを2枚あげます。

 
 普通は他のプレーヤーに見えないように

 カードをふせて交換します。


 「富豪」と「貧民」も同じようにカードを

 交換しますが、交換するカードは1枚です。


 (「大富豪」や「富豪」の人は

  交換する時に、弱いカードでも

  2枚組や3枚組、ましてや4枚組

  だった場合は残しておいたほうが有利です。)


  このルールだと同じ人ばかりが勝ってしまったり、

  同じ人ばかりが負けてしまう展開に

  なってしまうことがあるので、

  つまらなくなってしまったら

  話し合ってこのルールをとりやめてもかまいません。  



 選択追加ルール⑤

 「J-BACK」

 カードを出して行く時に”J”のカードを出す人が

 「J-BACK」と宣言して”J”を出した場合、

 その時点でカードの強さが逆転するルール。

 ”J”の出た捨て山でプレイを続行し、その捨て山が

 「流れ」た時点で強さの逆転はもとにもどります。

 「J-BACK」と宣言しなかった場合は強さの逆転は

 おこりません。

 「J-BACK」は1ゲームにつき使える回数を決めて

 おいてもよいでしょう。



 
※ トランプ豆知識

   トランプの”A”は”1”をあらわす最強のカード。

   トランプの”J”は”ジャック"といって”王子”、”11”をあらわすカード。

   トランプの”Q”は”クィーン”といって”女王”、”12”をあらわすカード。

   トランプの”K”は”キング”といって”王様”、”13”をあらわすカード。

   ”キング”や”ジョーカー”を最強のカードとする場合もある。

   大富豪では、なぜか通常は”2”が最強なんです。おぼえてくださいね。


   トランプはおもちゃ屋さんやファンシーショップなどで

   売っているのをよくみかけます。

   最近では、コンビニやドライブインなどでも手に入るようです。

   500円~1300円くらいのものが主流です。

   紙製のものとプラスチック製のものがありますが、後者がおすすめです。

   プラスチック製だとすべりやすい欠点がありますが、丈夫です。

   なれると使い心地も良いです。そのぶん、少し値段が高いようです。
 
   トランプが一組、家庭にあると色々楽しめますよ。


   機会があったら、トランプを使った他の遊びも紹介しようと思います。



 大富豪、大貧民の起源と考案者、および協力者


   高校の時に、友人たちと、



   トランプで、熱くなれるゲームって、無いよね。



   という話になり、無いなら、作ってしまえ、と。




   「大富豪」のルールは私と池本君という友達二人で

   
   高校一年の時に考えてつくりました。




   他にも、遊んでくれた同級生のみんなにも感謝したいと思います。

    
   

   大富豪は1970年代の東京が発祥だという説がありますが、



   それは、単なる憶測に過ぎず、



   実際は、1990年の愛知県、県立豊田西高校が発祥の地です。



   それ以前に遊んだ、と言い張る人は、記憶がこんがらがってるか、



   タイムトラベラーか、嘘ついてる人でしょう。


   

   考案されてから20年ちょっとしか経っていないんですね。



どれくらい新しいかというと、


   あのカードゲームのUNO、ファミコンゲームの



   スーパーマリオや、ドラクエⅢの発売よりも後に、


   大富豪は考案されました。




   当時はネットも携帯電話も、まだ、それほど普及していなくて、


   大富豪の遊び方も、人づてで広まっていきました。



   学生時代に大富豪で遊んだよ、というような、


   おっさんや、おばはんなんかは、当時としては最先端だったのです。




   大富豪では、なぜ、”2”が最強なのか?(ジョーカーを除く)

   
   ルールが考案された時に、池本君が、最強の数字は”2”だ。


   と強く主張したからです。



   実際に遊んでみるとわかるのですが、”A”や”K"を最強にするよりも


   ”2”を最強として遊ぶ方が、なぜだか、楽しいのです。



当時、実際に”K”や”A”を最強にしてテストプレイを行った結果、



   ”2”を最強にしたら面白い、という結論にいたったのです。




   恐るべし、池本君の企画力。





大富豪と大貧民、どちらの呼び名が正しいのか?



   どちらも正しいです。考案された当初から、2種類の呼び名があり、


   遊んでいた同級生達の間でも、好き好きに呼んでました。


   ド貧民という呼び名は、関西で変化したモノだと思います。






   「八切り」のルールは大学の中田先輩が、


   ”8”以上のカードが全然来ないという


   凶運にみまわれたために、その場で無理矢理つくって

   しまったルールなのですが、

   試してみたらなかなかおもしろかったので

   それ以後は使うようになり、

   ここでは選択追加ルールとして紹介しました。


   ”8”を横に倒すと”∞”無限大だぁー!!   BY キン肉マン



   「J-BACK」のルールを考えた人の名前は忘れてしまいました。


   ごめんなさい。

   顔は憶えているんですけどね。名前なんでしたっけ?


   失礼きわまりない(汗)


   J-BACKはイレブンバックという名前で広まっていますが、


   考案された当初は、ジェイバックと呼んでいました。

  


   縛りとスペ3は、池本君が考えたのですが、ややこしいということで、


   私たちの間では、使わなかったルールです。


   
   階段は、私が考えたのですが、ほとんど誰も使わなかったなぁ。



   クーデター(9が3枚で革命)は、プレイ中に、


   池本君が、何の取り決めもなしに、いきなり発動して、そんなのズルい!


   とか、やってたかな。



   他にもたくさんのローカルルールがありますが、



   それらは、私とは無関係の所で発生したものです。




   それだけ、たくさんの人に


   遊んでもらっているということで、うれしいのですが、



   なるべくシンプルなルールでも遊んでみてほしいです。



当然のことなのですが、私と人間関係的に近い人ほど、



   大富豪開発初期に遊んでいるので、シンプルなルールで



   遊んでいたはずです。



   八切りすらなかったころに遊んでいた人は、



   私の友人か、友人の友人くらいの人間関係だったでしょう。

 
   
   
   このゲームのコツは、パスの使い方と、読み合いの勝負のタイミング、


   頭のいい人は、既出のカードを覚えておくと強いです。



   それほど、記憶力の無い人は、”2”とジョーカーが何枚出たか、


   を覚えておくだけでも違います。


   トランプの性質上、ジョーカーはふつう、多くても2枚しかなく、


   同じ数字、つまり同じ強さのカードは必ず4枚なので。


   
   では、みなさん。大富豪でお楽しみください。  

カテゴリ

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

一部有料で閲覧できる ページを つくりました。 有料でみられる 絵画作品と 他に小説の短編です。 引き続き 無料で見られる ページも たくさんあります。

絵画作品

全記事表示リンク

絵画作品人気投票

ブログ人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3357位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数


現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブログ記事内で使われている言葉を検索できます。 ”著作権”で検索すると絵画作品の載っているページが検索結果として表示されます。 ”絵”や”絵画”で検索するとそれ以外の絵の載っていないページがたくさん表示されて不便です。

最新記事

GOD Nov 15, 2019
ぼくとみーこのプレステ生活 Part4 Nov 15, 2019
目標を掲げること Oct 27, 2019
彼女の瞳をボクは知らない Part2 Oct 26, 2019
今日は第三日曜日です。 Oct 20, 2019

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード