FC2ブログ

予定なし。

ゴールデンウィークですが、



特に予定もありません。




一人で出かけてみましょうか。





それとも、友人を誘ってみようか。






どうしよっかな?
スポンサーサイト



関連記事

理想の女性とは

異性を好きになる時は、決まって


ひとめぼれというか、


見た目を重視してしまう。



外見が好みでないのに恋愛に発展することは



ほぼない。





私の好みはズバリ、童顔である。



美人よりも、童顔の女性が好みだ。




童顔で美人なら、なお良い。



ようするに、かわいらしいひとが好きだ。





体型はあまり気にしないが、



痩せているよりは、少し太めなくらいで


丁度良い。


健康的な人が良い。



声も大きめの方が良い。


お腹に力が入ってそうな感じで。





料理が得意な女性は良い。






こんなこと言うと失礼かもしれないが、



頭の良さは、あまり関係ない。



普通に生活していける程度の知能があれば良い。



ユーモアはなくても良いが、


思いやりは欲しい。











これだけ注文つけといて、


自分の方はどうなんだ?と思う。




理想と現実は違うということで。
関連記事

灰色の俺と真っ白な悪魔とさまざまな人間と

俺の頭んなかに悪魔がいる。





ヤツの名はレト。


レカイトという名で呼ばれることもある。





悪魔のなかで、もっとも弱く、なんの能力もないレトは、




悪魔の王として、悪魔達からさげすまれていた。




悪魔達にとって、王とは、もっとも無能な存在だった。



そんな無能の言うことは絶対であった。



曲がりなりにも、王であるからだ。








魔界の王、レトは、力を求めた。






そこで、現世で、もっとも強い魔力を持つ俺の頭んなかに



入り込んだというわけだ。






俺は灰色のガンダルフ。




ひとつの指環にまつわる旅をしていたころより、



肉体は、若返っている。だいたい35,6歳といったところか。






若返りの薬の実験台にされたのが36年前。




赤ん坊にまで若返り、それ以前の記憶が、



ほとんど消えてしまった。




ごく普通の少年時代を過ごした俺だったが、



父の死で、本当のことが告げられた。





エルフ族の王子が心に語りかけてきたのだ。






王子によって、俺は、自分が灰色のガンダルフと



呼ばれていた者だと知らされた。







しかし、何ということだろう!



俺の持っていた魔法の力は、



最後に戦った魔人の最後の呪いによって封じられていた。







元々、魔法の力は、本当に必要な時にしか発動しなかったが、




その呪いによって、俺、自身から半径5キロ程の圏内では、



俺の魔法は、発動しなくなっている。





最後に戦った魔人は、俺の力によって、目が見えなくなり、




人間として生まれ変わった。




しかし、彼は、目が見えないにもかかわらず、常人と同じ生活をし、



しかも、誰よりも上手にギターを弾きこなす歌手になっていた。





また、俳優としても成功をおさめ、女性の人気投票のような



ランキングでは、必ず、上位に入っている。





しかし、魔人の心が残っているためなのか、人間の”愛”というものが




いまひとつ掴めずにいるのか、まだ、彼は独身のままだ。







彼は、人間に生まれ変わったことを今では、感謝している、と




俺に、心で語りかけて来た。







もし、現世で、めぐり合えたなら、呪いを解こう。とも言っていた。








エルフの王子も実は、現在、歌手をしている。





いつまでも若い容姿のままの彼は、



最近、テレビ出演を減らしている。






いつまでも若いことを不思議がられる前に、



姿を消すつもりなのだろうか。





ただ、昔から比べて人間との混血が進んだために、




エルフといっても、人間と、ほとんど変わらない。




耳は多少はとがっているが、人間の耳にかなり近いため、



エルフとバレることもない。









ひとつの指環の最後の所有者であった、フロド・バギンズは、




もう、この世を去って久しいが、彼の子孫も実は、歌手をしている。






彼には、日本人の血が濃く入り、人間との混血で、



ホビットよりは、背が高い。が、人間としては低いほうだ。




背の高い相方と二人で、焼肉のメニューにありそうな名前で活躍している。











俺の知り合いには歌手が多い。







小学校が一緒だった彼女は、当時から歌手になると言っていた。



女優と宇宙飛行士にもなる。と言っていたが、




宇宙飛行士の方は恐らく、無理だろう。









中学校で一緒だった彼女は、歌手として成功をおさめ、



結婚もして子供ももうけた。




彼女は多分、カラスが嫌いだろう。





もう一人、中学校の同級生で歌手になったコがいるが、



かなり、年齢でサバを呼んでいる。



見た目が若いからバレていないみたいだ。





俺が実は、ガンダルフだと知ったら、どんな反応をするだろう。





普通は、信じてもらえないだろうな。














最近、頭んなかの悪魔は、話しかけてくるのをやめた。





俺が、取引に応じる気がないからだ。





悪魔の力を使うには、昔から、高い代償を払うものだと言われている。





俺は悪魔の力を使う気はない。




魔法も実質、使えないのと変わらないが、特に困ることもない。










最後に、俺の弟子達に告ぐ。




魔法使用禁止の禁を解く。






魔法元素、マナの枯渇を恐れて魔法を禁じていたが、



ある方法で、マナを無限に増やした。







魔法を使ってもいいぞ。
関連記事

カテゴリ

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

一部有料で閲覧できる ページを つくりました。 有料でみられる 絵画作品と 他に小説の短編です。 引き続き 無料で見られる ページも たくさんあります。

絵画作品

全記事表示リンク

絵画作品人気投票

ブログ人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
9341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3520位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数


現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブログ記事内で使われている言葉を検索できます。 ”著作権”で検索すると絵画作品の載っているページが検索結果として表示されます。 ”絵”や”絵画”で検索するとそれ以外の絵の載っていないページがたくさん表示されて不便です。

最新記事

絵描きのエカク 第二回 Mar 29, 2020
絵描きのエカク 第一回 Mar 29, 2020
さいきんのゲームライフ Mar 11, 2020
今日は毎月恒例の市民デッサン会でした。 Feb 16, 2020
描きました。 Feb 09, 2020

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード