FC2ブログ

いま、話題の

いま、話題の映画


”寄生獣”の原作は漫画なのですが



その原作者の岩明均さんの作品で


”七夕の国”というのがあります。




こちらも面白いので是非、読んでみてください。





BOOK OFFに行ったら、



何十年かぶりに見つけて、いままた読んでいます。



そんなに長い作品じゃないので


一日で一気に読もうと思えば読めます。


この人は、読み手を作品に


引き込ませるのがうまいなあと思います。



寄生獣もそうですが、続きが知りたくて


どんどん読み進めたくなります。
スポンサーサイト



関連記事

カズ君の誕生日

その日は何日だったか、今はもう忘れてしまった。




カズ君の誕生日を祝う会が、カズ君の家で開かれた。




ボクは、まだ幼かった。



初めて、誕生日会というものに呼ばれた。




何をするのか、まったくはじめてのことなので



見当もつかなかった。




ただ、プレゼントだけは、一応、用意した。





まず、カズ君のお母さんが、カレーライスを




運んできてくれて、みんなで仲良く食べた。



子供向けの甘いカレーかと思ったら、



カズ君ちは、大人のジャワカレーなのだった。




初めてのジャワカレーで、ボクはテンションがあがったのだった。




みんながカレーを食べ終えると、



今度は、いよいよ、バースデーケーキが運ばれてきた。




カズ君のお母さんの手作りケーキだった。



既製品のスポンジケーキにチョコレートと、



生クリームで飾り付けをして、イチゴがのっていた。



そこにキャンドルをたてて火をつけると



明かりを消して、カズ君が火を吹き消した。




みんなは、いっせいに拍手した。



ボクは何がおこっているのかわからず、


一瞬遅れたが、拍手するものだと気づき、



あわてて拍手した。




カズ君がケーキを切り分けてくれて、みんなで食べた。




ケーキを食べながら、みんなの持ってきた



誕生日プレゼントをカズ君が、開けていった。




ノートと鉛筆と消しゴム、チョロQ、スライム、


そしてボクのえらんだプラモデル。



カズ君はうれしそうだった。



みんながケーキを食べ終わると、



会はお開きになった。



ボクは初めての誕生日会に感激した。



みんなを送り出すカズ君は、



庭にいた飼い犬の首を激しくなでて可愛がった。







クリスマスイブに、そんなことを思い出した。



カズ君ちの犬の名前は ”LOVE”  だった。



メリークリスマス!
関連記事

ボクと泡姫        

もう、死んでしまえばいい。




そう、ボクはもう疲れた。




いつのまにか希望は影も形もなく消え失せた。





絶望などというものは知らないうちに





ただただ、もう終わりにしたい。





だが、その前に



死ぬ前に一度だけでいい





可愛い女の人と





セックスがしたいと思った。










ボクは、はじめて湯屋を訪ねた。




年配の男性に案内されて



少し奥まった部屋でソファに腰掛けた。





その男性の持ってきた写真を見て好みの女性を選んだ。







はじめての女遊びに気分が高揚する。





しばらく待っていると写真の女性がやってきた。





女性に案内されて個室に入ると





あいさつもそこそこに服をぬがせてくれた。





「あ、あの、あなたの名前は?」





「しのぶです、よろしく」




そう言いながら、しのぶさんは服を脱いだ。




ボクはしのぶさんの裸に興奮した。





とても綺麗だった。





しのぶさんはボクを浴室につれていき



シャワーの温度を確かめると




ボクの体を軽く流してくれた。






ボディーソープを泡立てると




ボクの体を洗っていく。





しのぶさんがボクの手をとり



自分のムネに押し付けた。





女性のムネの感触は、




想像していたものより、ずっと柔らかかった。






そして、しのぶさんはボクのアソコを



丁寧に泡でこすっていった。




ボクのアソコは、かたくなっている。




しのぶさんはアソコを軽くにぎって



そのまま手を上下に動かした。




「若いから元気ね。」






そう言って、しのぶさんはシャワーで泡を丁寧に流した。





「お湯につかってください。」





バスタブにお湯がはられていた。




ボクはお湯につかった。





しのぶさんは自分の体についた泡を



シャワーで流した後、湯船に入ってきた。




せまいバスタブの中で、肌が触れ合う。





しばらくつかったあと




「そろそろ、あがりましょうか。」




と言って、しのぶさんが先にバスタブから出た。





しのぶさんは用意してあったバスタオルで




自分の体をふき、そのまま体に巻きつけた。




もう一枚のバスタオルを持ってボクのほうを見る。




ボクが湯船から出ると、すぐにバスタオルで



ボクの体を丁寧にふいてくれた。






ボクの体をふき終えると





しのぶさんは部屋の真ん中に置いてあるベッドをさして




「こちらに腰掛けてください。」





と言ってベッドの横の小さな冷蔵庫からコーラを2本取り出した。




ボクがベッドに腰掛けると、しのぶさんは隣に座って



コーラの栓を開けてボクにさしだした。




ボクが缶を受け取ると




しのぶさんは自分のコーラを一口、口にふくんだ。





ボクがコーラを飲もうと缶に口をつけた瞬間




ボクの携帯電話が突然鳴った。




ボクはあわてて、たたんであったズボンのポケットから




携帯を取り出したが、間に合わなかった。





履歴を見ると公衆電話からっだった。



誰だろう?






と思っていると、しのぶさんが口をひらいた。




「あっ、それ可愛い!。」




「え?なにが?」




「そのストラップについてる黄色いネズミ。」




「ああ、これ、ピカチュウだよ。」





「ピカチュウ?」





「知らないかな?ポケットモンスターっていうアニメの。」




「わたし、テレビあんまり見ないから。」




「そうなんだ、ポケットモンスターってゲームもあるんだけど



 知らないよね?」




「そのゲームってプレステ2 で出来る?」




「プレステ2 では出来ないなぁ、



 NintendoDS か 3DS ならあるよ。」




「そうなんだ、 3DS なら持ってるよ。」







「じゃあ、ポケットモンスターってゲームなら



 どれでも ピカチュウ 出てくるよ。」




「そうなんだ、買ってみる。」





その時、しのぶさんは笑顔だった。



ボクも笑顔だったと思う。





ボクはコーラを二、三口飲んだ。





コーラの缶を冷蔵庫の上に置くと、しのぶさんもそうした。





「わたしのこと好き?」




「今日はじめて会ったけど、好きだよ。」




ボクはそう言って、しのぶさんに口づけた。





しのぶさんはバスタオルを自分から剥いだ。



「好きにしていいよ。」





ボクは、しのぶさんを、ぎゅっと抱きしめた。












それは、とても気持ちのいい幸せだった。











帰り際、ボクは携帯からピカチュウのストラップをはずすと





しのぶさんにわたした。




「これ、あげるよ。」




「え、いいの?ありがとう。」





そう言って、しのぶさんはボクに抱きつき



そのまま、ボクに口づけをした。





「また、来てね。」




「うん。」





しのぶさんは笑顔で手をふった。








ボクの死にたいという思いが



きれいさっぱりと消えていた。






彼女に、また会いたい。



ただただ、そう思った。





ただ、それだけのことで生きていこうと思った。





ただ、それだけでいいじゃないか。





…………………………………。








おしまい。








カテゴリ

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

一部有料で閲覧できる ページを つくりました。 有料でみられる 絵画作品と 他に小説の短編です。 引き続き 無料で見られる ページも たくさんあります。

絵画作品

全記事表示リンク

絵画作品人気投票

ブログ人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3341位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数


現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブログ記事内で使われている言葉を検索できます。 ”著作権”で検索すると絵画作品の載っているページが検索結果として表示されます。 ”絵”や”絵画”で検索するとそれ以外の絵の載っていないページがたくさん表示されて不便です。

最新記事

耳にとどけよ May 21, 2020
おかんの好きなポケモン May 08, 2020
むだに生きる May 03, 2020
絵描きのエカク 第五回 Apr 29, 2020
絵描きのエカク 第四回 Apr 20, 2020

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード