FC2ブログ

鬼は来ず。

地獄門は開いた。
Hell Gate was opened.



けれども、鬼は来なかった。
But ,Devils were not coming.


鬼どもは互いに殺し合い、生き残った最後のひとりは自殺した。
Devils were killed each other , And LAST ONE DEVIL killing himself.


地獄門は開いた。
Hell Gate was opened.


けれども鬼は来なかった。
But No Devils coming now today.





FF XIV です。昔の仲間をさがしています。

なんだかんだで、槍術士レベル28です。



弓術士のほうはレベル21です。



吟遊詩人よりも竜騎士のほうが近づいてまいりました。




ユーキャスライト ゴールドムーン  Omega サーバーです。

実名を載せたらキャラを削除されるそうです。

一時期載せてたのでキャラ削除されちゃうかも。

昔の仲間いるでしょうか?

ゴールドムーンが消されたら

りりー ジュライ (ジュリィ)の方でフレ登録よろしく。

ミコッテ♀ ですが。


FF XI 時代の仲間でFF XIV してる人いるでしょうか?



一緒にギルド。フリーカンパニー?作りたいです。


よろしくお願いします。



ほとんど、ソロで活動してるよ。ああ、さびしいな。



誰かに声かけてみようかな………。





真実という名 「ガライ」




人の子と天使が結ばれて赤ん坊が生まれました。



天使の言葉で「真実」を意味する



「ガライ」と名づけられた、その子には不思議な力がありました。



ガライの口笛は風を吹かせ、彼が踊る舞は、嵐を呼びました。



そんなガライのお気に入りの場所が、命の大樹の木陰でした。







彼が木陰で休んでいると二人の旅人が通りかかりました。




旅人は ガライを見つけると 声をかけてきました。






「わたしたちは、天空の塔をさがして旅をしています。



 天空の塔のある場所をご存じないですか?」




ガライは答えました。


「いや、知らないが。


 ワタシは天空の塔とはただの

 
 伝説で、実在しないものだと思っておりました。




 また、どうして天空の塔を目指しているのでしょう?」




「わたしたちは、天空の民でわたしは ビエイ、


 この女は妹の モスガ といいます。


 わたしの妹は 天空の竜王に見染められ

 
 婚姻を申し込まれたのです。」




「しかし、わたしは愛深きゆえに 竜王との結婚が


 恐ろしくなり、逃げ出してしまったのです。」



「竜王は怒り、わたしたちは天空の街から追い出されたのです。」




ガライは、その話に興味を持ちました。


「竜王とは、まさに伝説の存在。


 しかし、愛深きゆえに逃げ出したとは、


 あなたは、本当は後悔しているのでは?」



「はい、わたしは後悔しています。」




「愛が怖いなら、思い切って飛び込んでしまえばいい。」



そう言って、ガライは微笑みました。



「わたしは、いま決めた。あなた方を手助けしよう。



 わたしも一緒に天空の塔をさがす旅に出よう。」





そう。ガライの伝説は いま、ここに始まるのでした。





ロトの勇者伝説に登場するガライ。



彼は天使と人のあいだに生まれた子でした。





それゆえに、愛情を大切にする人だったと伝わっています。




彼の旅路の果てに待ち受けるものとは?



彼の遺した銀の竪琴の音色が魔物を


呼び寄せるのは何故か?




それは、またの機会にお話しできるでしょう。



カテゴリ

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

一部有料で閲覧できる ページを つくりました。 有料でみられる 絵画作品と 他に小説の短編です。 引き続き 無料で見られる ページも たくさんあります。

絵画作品

全記事表示リンク

絵画作品人気投票

ブログ人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
9982位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3709位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数


現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブログ記事内で使われている言葉を検索できます。 ”著作権”で検索すると絵画作品の載っているページが検索結果として表示されます。 ”絵”や”絵画”で検索するとそれ以外の絵の載っていないページがたくさん表示されて不便です。

最新記事

ぼくとみーこのプレステ生活 Part5 Nov 25, 2019
GOD Nov 15, 2019
ぼくとみーこのプレステ生活 Part4 Nov 15, 2019
目標を掲げること Oct 27, 2019
彼女の瞳をボクは知らない Part2 Oct 26, 2019

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード