FC2ブログ

レオは歌った


ボクはレオ。



ジャングルの王者、パンジャの息子だよ。



双子のお姉さん、リョーナは


いつもボクの匂いを嗅ぐよ。何で?




ボクもリョーナの匂いを嗅いだけど匂わないよ?何で?




お母さんは、お姉さんの匂いが好きになっちゃっても


結婚しちゃダメだから、何にも匂わないんだって。





じゃあ、お母さんの匂いは?


何にも匂わないよ。


だから、


お母さんのことも好きになっちゃダメなのかな?








それで、ボクはハリネズミが大好物なんだ。



美味しいから、食べられないように


トゲで体を守ってるんだって


ココが言ってた。



ココはオウムなんだけど、とっても物知りなんだ。



ボクが悪い人間たちから逃げる時に


一緒にジャングルに逃げてきて

それから、ずっと一緒にいるよ。




ココの恋人は白いメスのオウムで


名前はラミ。


いっつもインパラのトミーの背中に


二人で停まってる。





ラミとココの結婚式をするために


月光石が必要なんだ。




だから、ボクたちはいつもの三人組で


冒険に出かけた。




月光石は高い高い山の頂にあるらしい。


 
ボクたちは、どんどん山を登っていった。




やがて、辺りは雪景色にかわり、


どんどん雪がふってきた。



そしてトミーの心配したとおり


ボクたちは遭難してしまったんだ。



ココが言うには、冬山で遭難したら

眠ってはいけない。眠ってしまったら

体が冷たくなって、そのまま死んでしまうゾ。って



ボクたちは眠ってしまわないように

大声で歌を歌うことにしたんだ。



それはお母さんが歌ってくれた


”アイの歌” この星に昔から伝わる

古い愛の歌だよ。




私は想う

あなたの美しさを

あなたの清らかさを

あなたの瞳を

あなたの心を

あなたへの想いを私は歌う

あなたへの想いは 光となり

永遠にこの星を巡る




あなたへの想いは

つぼみとなり

花となり

実となり

種となり

永遠に年月を巡る

あなたの幸せを私は願う


あなたは 花 となり

私は 種 となる

つぼみが 生まれ


また 実となろう


この星の片隅から真ん中まで


花で 満たそう

花で 満たそう




ボクたちが歌っていると


近くの洞窟の中から、巨大な何かが


のそのそと出てきた。




ココが叫んだ。




ドラゴンだ!伝説の巨竜だ!




そのドラゴンは心の声で呼びかけてきたんだ。




「お前の歌声には、ワシらを勇気づける力があるようだ。


寒さで凍えていたワシも元気がでたゾ。


この、お礼になにが欲しい?


世界の半分か?それとも月光石か?」



と言って、なんと月光石をくれたんだ!







ドラゴンに月光石をもらうなんて


長生きはするもんだ!


ってココは言ってたよ。






その後、雪はやんで、ボクたちは


無事に帰れたのさ。



そして

ココとラミの結婚式は


ボクたちみんなで祝ったんだ。



ボクのパパとママにも来てほしかったなぁ。




あ、ドラゴンの名前。訊くの忘れちゃってた。



他にもドラゴンいるのかな?





世界の半分、欲しかったなぁ………。















おしまい。







レオの歌で元気づけられたのは


ドラゴンだけじゃないよね?


みんなはどうだった?


ボクは元気でたよ。     




あと、世界の半分は



もらわないほうがいいよw


苦労するからねw




お話を考えたのは


いしかわ ゆきひろでした。


以上。





魔法機動兵器ゼイラム 第五回 ガラスは割れた


まことの神、ユキは長い間失われていた


滅びの呪文”バジド”を思い出した。





宇宙まるごとひとつを消し去ったその言葉は


使われたと同時に、その力を失った。




消し去られた宇宙は地獄のごとき


魑魅魍魎の住処であった。




ただ、そこにもわずかながら、人のココロを


持ち合わせた者たちが確かにいた。




彼らは、滅びのサダメにあらずか、いなか


わずかに生き延びてウルトラ警備隊に


保護されたのだった。







そのころ、ゼイラムは


わずかだが量産化され


アメリカに貸与されていた。




アメリカに貸与されたゼイラムは全ての


兵装を外され、人を眠りに誘う


人道兵器のみを搭載していた。






そして、アメリカでの内乱を鎮めるために

ゼイラムの睡眠兵器が使用されたのだった。





ミスタートランプは国内外での


評判ほど、愚かでも賢明でもなかった。



ゼイラムは暴徒と化した人々を


ただ、ただ眠らせるだけのためにしか


使われなかった。



つまり、敵国にゼイラムを使用するほど


アメリカはツメが甘くはなかった。





日本の人々は、そんなアメリカの非情さが嫌だった。





だが、ユキは地獄宇宙の住人を

皆殺しにするという

非情さの持ち主だったのであった。




地獄宇宙はガラスが割れるがごとく


粉々に砕け、消え去った。




地獄の番犬たちは、わずかに生き残り


ここに後に一般に

スーパーロボット大戦と


呼ばれることになった


宇宙に進出した人類と


外宇宙民族との


戦いDC(ディバイン・クルセダーズ)戦役が

はじまっていた。





ガラスを割れ!


飼いならされた犬よ!







ボクが頭をなでてやる!








お前はお前らしく ィ㌔!!




カテゴリ

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

一部有料で閲覧できる ページを つくりました。 有料でみられる 絵画作品と 他に小説の短編です。 引き続き 無料で見られる ページも たくさんあります。

絵画作品

全記事表示リンク

絵画作品人気投票

ブログ人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3357位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数


現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブログ記事内で使われている言葉を検索できます。 ”著作権”で検索すると絵画作品の載っているページが検索結果として表示されます。 ”絵”や”絵画”で検索するとそれ以外の絵の載っていないページがたくさん表示されて不便です。

最新記事

GOD Nov 15, 2019
ぼくとみーこのプレステ生活 Part4 Nov 15, 2019
目標を掲げること Oct 27, 2019
彼女の瞳をボクは知らない Part2 Oct 26, 2019
今日は第三日曜日です。 Oct 20, 2019

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード