FC2ブログ

迫力漫画。バガボンドについて。

このブログを読んでる人、はじめまして。
そうでない人は、お久しぶりです。

WEB上では五㊨衛門と名乗っております。

 中身は、おっさんです。今年で35になります。
趣味はテレビゲーム、麻雀、花札、ギター、
読書、漫画、散歩、ジョギング、等々です。

 最近では昨日、漫画を読みました。
井上雄彦さんのバガボンドの27巻と28巻を
読んだので感想を書きます。

あらすじも交えて書きますのでネタバレ注意。 

 長かった吉岡一門との闘い。
70人を次々と斬って斬って斬りまくる。
かなり残酷な描写もありますが、
その闘いの迫力が私にはタマらない魅力です。
その画力はさすが井上雄彦だ!と思わせます。
 闘いが終わってからの、おつうとの再会や
又八が行き倒れた武蔵を助ける所なんかは
感動的です。
 傷つきボロボロになって倒れている武蔵を見て、
又八はそれまでのわだかまりをあっさりと捨てて
がむしゃらに武蔵を助けます。
 不器用でカッコ悪い又八。
 おまけに弱虫で女たらしで酒好き。
だけど真からは悪に染まらない。心根は優しい。
そんなところが又八の魅力だと思います。
 武蔵の強さに惹かれていく周りの人々。
おつうや沢庵和尚、城太郎、又八に助けられて、
傷を癒す武蔵。
 しかし、傷は深く、その脚はもう2度と
歩けないかもしれない。嗚呼、なんと残酷な…。
そこへ間髪いれず次の試練が。
役人が吉岡一門殺しの罪で武蔵を捕らえてしまいます。
ハラハラドキドキの次の展開は?!!
というところで次巻へと続くのでした……。

 このバガボンドという作品は、場面の使い分けが
すごくしっかりしていて、闘いの場面は緊張感が
しっかり出ており、それと対比して、食事の場面なんかは
緊張が緩まる演出がされている。
そして会話の場面では人物の表情がしっかり出ていて、
メリハリの利いた読みやすい作品だと思います。
 少し大人向けかと思いますが、テーマや、訴えかけてくる
モノは非常にストレートでわかりやすいです。

 バガボンド おすすめです。
 週刊モーニングにて連載中。
 ただし、休載多し。ざんねん。

モーニング公式サイト バガボンド製品情報

 それでは今宵はここまで。
 ここまでのお付き合いありがとうございました。
 おやすみなさい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カテゴリ

絵画作品

全記事表示リンク

絵画作品人気投票

ブログ人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2014位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数


現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブログ記事内で使われている言葉を検索できます。 ”著作権”で検索すると絵画作品の載っているページが検索結果として表示されます。 ”絵”や”絵画”で検索するとそれ以外の絵の載っていないページがたくさん表示されて不便です。

最新記事

いま、入院しています。 Jul 15, 2021
幸せの…… Nov 11, 2020
描いた。 Nov 11, 2020
ドラえもんと話したことある人いる? Nov 03, 2020
ボクとマッサージ嬢。 Oct 27, 2020

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード