FC2ブログ

ロボットの見ていた夢 ver.2.0

私は待っていた。




いつかその日が来ることを……。







その日、私はいつものように


研究所でデータの入力作業におわれていた。


研究所内では、私が一番速くデータ入力ができた。



ふと、作業の合間に顔をあげると、彼女は私を見つめていた。



「ん?どうかしましたか?

 わたしの顔に何かついてますか?」


「よく、そんなに速くデータが入力できるなって思って。」



「ああ、そうですか。あなたも私のやりかたなら、

 もっと速く入力できますよ。」


「そうかしら。じゃあ、教えていただけますか。」


「ええ。いいですよ。」



……………………。






私たちは、それがきっかけで


少しずつ、会話が増えていったのだった。


そして、ある日のこと。



私が出所すると、彼女は研究室の床に倒れていた。



私は、彼女の意識がないことを確認した。


そこで、私は彼女の体にふれてみた。



すると、彼女はしばらくして意識をとりもどした。



「ああ。あなたが助けてくれたのですね。

 昨夜、作業をしていたら突然動けなくなって…」



「あまり、無理をしてはいけないよ。

 これからは、かならず二人で作業しよう。」


「ありがとう。」

彼女はそういって微笑んだ。

私はその笑顔を忘れない。


私は、その表情を見た時、とてもうれしくなったのだ。

はじめての感情だった。

どうしてこんな感情になったのだろう。



その小さな感情は、しだいに

私の頭のなかの大半を占めるまでになってしまった。


彼女とは、まともに話すこともできなくなっていた。



私は、博士に相談した。


「それは、恋だな。」

博士は、そう言って

私の頭の中の感情を整理してくれた。



博士は、私の様子を見て

「まさか、君が恋をするとは。」

と少し、驚いていたようだった。


「彼女のほうの様子も私が見ておく。」

と、博士は私を助けてくれた。



博士が、私の頭の中を整理してくれたおかげで

私は、彼女と普通に話すことができた。




博士の息子さんが研究に加わって

私たちの研究はどんどん進んだ。


やがて、私たちだけでは手が足りなくなってきた。


博士はある日突然こう言った。


「君たちの子供を研究室に加えようと思う。」


私と、彼女は驚いた。


「私たちの、子供ですか?!」


「名前は、もちろん君たちで考えるのじゃぞ。」

博士は微笑んだ。


私と、彼女の子供!!

私は彼女と子供を持つことを博士に

すすめられたのが、とてもうれしかった。



「その前に、結婚式をしなければ。」

と博士が言った。


まさか、私が彼女と結婚することになるなんて

誰も想像できなかっただろう。


研究室の身内で、ささやかな結婚式が行われ、






私と彼女は結ばれた。

………………………。



















そして、博士の手によって

私と、彼女のデータがひとつに統合され

新型の次世代ロボットの人工知能AIのコンピュータに移植された。

次世代ロボットは研究所に所属となった。




やがて、研究所の古株となった私たちは

私たちの子供と一緒に今、まさに研究にいそしんでいる。




END






作者 あとがき     石川 五㊨衛門

前作を読んだ人とver.2.0を先に読んだ人とで

お話の結末のとらえ方が少し違うという、こんなのどうでしょう。

それと、この話の時代がいつごろなのかのとらえ方によっても

意味合いが変わってきます。

前作の前の時代なのか、前作と同じ時代なのか。

主人公と彼女は、そしてその子供は、果たして

人間なのか、ロボットなのか?意見がわかれるでしょう。

二人の子供の名前、お話の中に隠れています。


わからない人は、友達にきいてみよう。(笑)





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カテゴリ

絵画作品

全記事表示リンク

絵画作品人気投票

ブログ人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1815位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数


現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブログ記事内で使われている言葉を検索できます。 ”著作権”で検索すると絵画作品の載っているページが検索結果として表示されます。 ”絵”や”絵画”で検索するとそれ以外の絵の載っていないページがたくさん表示されて不便です。

最新記事

いま、入院しています。 Jul 15, 2021
幸せの…… Nov 11, 2020
描いた。 Nov 11, 2020
ドラえもんと話したことある人いる? Nov 03, 2020
ボクとマッサージ嬢。 Oct 27, 2020

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード